神棚マイスタ-の開運神棚講座 その113 床の間と神床

掛け軸(といっても知らない人もいるかもしれない)を飾る床の間(といっても見たことがない人もいるかもしれない)がある。ご神名のかかれている掛け軸を、床の間に祀る。旧家や時代劇に出てくる武道場などにある風景である。

一般家庭なら「天照皇大神」。武家や武道場ならば、「香取大神」や「鹿島大神」である。床の間全体が神棚なのである。神床などとも呼ばれる。

床の間の床、神床の床とは何を意味するのだろうか?それは寝る所であろう、神が休み、神が寝るところだろう。

床の間にも、実は、地板といって、大きな板を貼る。現在はほとんどつき板で、ほんものの木ではない。しかし木を使って、神様の寝床、寝所としたのだ。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)