上棟式に必要な【上棟セット】

上棟式とは、建物の守護神と匠の神を祀って、棟上げまで工事が終了したことに感謝し、無事建物が完成することを祈願する儀式で、「棟上げ(むねあげ)」、「建前(たてまえ)」とも言います。

本来は、棟梁自身が建物が完成するまで、災いが起こらないように祈願するものでしたが、現在では建主が工事関係者に気持ちよく仕事を進めてもらうためのもてなしの意味が強くなっているとも言われております。

上棟式とは

上棟

建築工事の途中で行う儀式で、工法にもよりますが、木造軸組では棟木を棟に上げる時に、鉄骨造では鉄骨工事が完了したとき、鉄筋コンクリート造では躯体コンクリートの打ち込みが終了したころに行う。魔よけのための幣束(へいそく)を鬼門に向けて立て、四隅の柱に酒や塩、米などをまき、天地四方の神を拝ます。 地域によっては、餅やお金(硬貨)をまくところもあります。同時に棟札に上棟年月日、建築主などを書き棟梁が一番高い棟木に取り付けます。 本来は、棟梁自身が建物が完成するまで、災いが起こらないように祈願するものでしたが、現在では建主が工事関係者に気持ちよく仕事を進めてもらうためのもてなしの意味が強くなっているとも言われております。

上棟

「上棟式」は建前(タテマエ)とも呼び、無事棟が上がったことに喜び感謝するものです。つまり、上棟式は「儀式」というよりも施主が職人さんをもてなす「お祝い」と言えます。

工事に関わった人が一同に会し、今後の工事の安全を祈願し、お互いの協力の元に家をつくり上げていこうとする意思表示の会でもあります。

上棟

上棟セットは工務店、建築会社にとって商品ではなく、一種の経費です。
お施主様に販売するのではなく、上棟式をより円滑に行う為の費用である。
たとえば上棟に際し工務店か建築会社が、日本酒をお祝いにお施主様に差し上げるのと同じです。
ハウスメーカーの中でも、略式であっても上棟式を大切にしているところはあります。 何故なら住まいの構造材を見ていただく唯一の機会をいっても良いからです。施主様(建て主)と施工業者の名前を記した御幣を柱に飾る行為は、その住宅に対する施主の思い、施工業者の責任を感じさせる良い機会です。

上棟セット内容

上棟

1セットよりすぐにお届け

棟上、建前、上棟式に欠かすことのできない上棟品を、古式にのっとり、どなたにでも手軽に組み立てられるセットにいたしました。祝いの儀式にふさわしい、心を込めた一品です。
(写真は五色旗付き。組み立ては簡単です。)

1. 幤芯:1本
竹製扇(針2本入り) しめ(紅白1対)
しめ(白大1対) しめ肩骨 麻紐(極太)

2. 箱入り小物:1箱
上棟式用祝詞 寿の祝紙 水引き(紅白2本)
ビニール袋(雨天用) 白紙、その他


上棟セットのご注文から納品までの流れ

上棟

*代金のお支払いはすべて、代金引換・ヤマト便コレクトとなります。
*営業日の午後1時までにご注文いただけると当日発送いたします。

繁栄と安全を願う美しい伝統

大工さんによる刻みがすんだ柱を、組み上げ、新しい家の骨組みが形になる建前(上棟)の時に、新築を祝い福を願い、ご守護を感謝するお祭り(儀式)を上棟式(棟上げ、上棟祭)と呼んでいます。またその時には、完成までの工事の無事も祈願し、工事関係者、ご近所の方をお招きし宴席を設け、お施主様と一緒に上棟を祝うのが慣わしとなって来ました。 お施主様にとっては、工事の中でも、晴れがましい式となっているようです。

祭式には、祭場を設け、ご神饌をお供えし、特別な飾りをほどこす大規模なものから、幣芯棒(幣束・幣串)と呼ばれる墨入れをした棒に、御幣などの扇飾る一般的なものまであります。地方地域の文化風習によって、違いがあるようで、場所によっては、お金、紅白餅を、お施主様が、棟組みから撒くなどされる所も残っているようです。施主「ほどこしぬし」の語源もそんなところから来ているのでしょうか?上棟の飾りは、屋根裏のはり柱などにくくられ、そのまま残されます。あの有名な映画「トトロ」のワンシーンにも上棟の飾りが登場していました。すすわたりが、逃げ込んだ屋根裏の奥に、暗がりの中、飾りがそっと(一瞬です)。

*祝 上棟セットは、一般的な飾りをセットさせていただいた汎用タイプです。

玉串はこちら

ご連絡・お申し込みフォーム



お電話でのお問合せも受け付けております。どんなことでもご相談ください。
サポート
Copyright c KUBODERA inc All Rights Reserved.