玉串、神事用お榊、地鎮祭セット

  1. 玉串
    玉串、大祓い榊、地鎮祭用お榊

    神社イベントで使用するための榊をご用意いたします。
    国産榊を、水を含ませたガーゼで覆い丁寧に運送するため、
    冷蔵配送で長持ちさせようとする外国産よりも、
    新鮮かつ高品質な状態でのお届けが可能となっています。
    玉串玉串大祓い榊




玉串、神事用お榊、地鎮祭セット商品一覧

玉串榊

■玉串榊について。
玉串(たまぐし)とは、神道の神事において参拝者や神職が神前に捧げる、紙垂(しで)や木綿(ゆう)をつけた榊の枝です。
基本的な祀り方は以下の通りとなります。(神社によっては作法が異なる場合があります)
1.神職から玉串を渡されたときは、右手で玉串の根元を上の方から持ち、左手で葉先を支えるように持つ。このとき、左手(葉先)の方が高くなるようにする。
2.玉串を捧げる案(机)の前へ進み、一揖(軽いおじぎ)する。
3.玉串の根元が自分がいる方向に向くように右手を引き(葉先が神前に向かう)、左手も根元に持ち替えて、祈念する。
4.右手で玉串の葉先を持ち、時計回りに玉串を動かして根元が神前に向かうようにする。
5.玉串を案の上に置き、二礼二拍手一礼をし、再び一揖して元の席に戻る。

■特選品と普及品の違い。
特選品の方がより厳しい基準によって選別されており、色が良く、左右対称で見た目もキレイです。神事で使用するにあたり、主に特選品の方が多く使用されています。
普及品の方が採れる本数が多く、神葬祭など多数の榊を使用する場面では重宝します。多少のキズや変色が起こっている場合があります。

■玉串榊の価格表 (税別・配送料別)
※特選品は、左右対称の幅広のものです。
※普及品は、若木を主体とした小ぶりのものです。
※紙垂天然木ひもは、ラフィアというアフリカ産椰子の葉から作ったものです。
※最低10セットからのご注文となります。
  紙垂なし
紙垂あり
特選品
170円
紙垂麻ひも 紙垂天然木ひも 紙垂のり付き
100円 80円 60円
普及品 150円 100円 80円 60円




大祓い榊

■大祓い榊について。
大祓は、6月と12月の晦日(新暦では6月30日と12月31日)に行われる除災行事です。
犯した罪や穢れを除き去るための祓えの行事で、6月の大祓を夏越の祓(なごしのはらえ)、12月の大祓を年越の祓(としこしのはらえ)といいます。6月の大祓は夏越神事、六月祓とも呼んでいます。
なお、「夏越」は「名越」とも標記する。また、宮くぐり祭や輪くぐり祭とも呼ばれています。
これら行事の際に使用するのが、この大祓い榊です。

■大祓い榊の価格表 (税別・配送料別)
  紙垂なし
紙垂あり
特選品 3,000円
3,800円





地鎮祭セット

■地鎮祭について。
地鎮祭(じちんさい・とこ しずめ の まつり)は、土木工事や建築などで工事を始める前に行います。
その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る。これには神式と仏式がある。一般には、神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、安全祈願祭と呼ばれることもあります。鎮地祭、土祭り、地祭り、地祝いとも言います。
一般には、土地の四隅に青竹を立て、その間を注連縄で囲って祭場となし、斎主たる神職のもと、建築業者・施主の参列の上で執り行います。
祭場の中には木の台(八脚台という)を並べ、その中央に神籬(ひもろぎ、大榊に御幣・木綿を付けた物で、これに神を呼ぶ)を立てて祭壇となし、酒・水・米・塩・野菜・魚等の供え物を供えます。また、関西などの特定の地方によっては伊勢神宮近隣の浜から砂または塩を取り寄せ、四隅に置く場合もあります。

■地鎮祭セットの価格表 (税別・配送料別)
G-1 (1)青竹2.5m×4本
(2)注連縄10m紙垂付き
(3)杭
9,500円
G-2 (1)青竹2.5m×4本
(2)注連縄10m 紙垂付き
(3)大祓い榊1m 紙垂付き
(4)玉串 紙垂付き×10本
(5)杭
14,800円





玉串、神事用お榊、地鎮祭セットお申し込み方法

 
お申し込みの流れ ・下記のFAXご注文用紙をご記入いただき、FAXにてお申し込み下さい。
・代金は、事前に銀行振込にてお支払いいただきます。
その他のご注意点 ・夏場の暑い時期などは、配送中に多少の変色などが起こる可能性が御座います。

【玉串のご注文】
玉串、神事用お榊、地鎮祭セットFAX注文表をダウンロードする

【大祓い榊のご注文】
玉串、神事用お榊、地鎮祭セットFAX注文表をダウンロードする

【地鎮祭セットのご注文】
玉串、神事用お榊、地鎮祭セットFAX注文表をダウンロードする


  • 天然国産榊
  • お供えセット

 

【なぜ儲かる会社にか神棚があるのか】


「倒産した企業の9割が、会社に神棚を祀っていなかった」
「銀行の融資担当者の多くが、会社に融資するかどうかを決めるポイントに、
会社に神棚があるかどうかを挙げている」
次々に語られる、儲かっている会社に神棚がある、きわめて合理的な理由
中小企業経営のカリスマ、小山昇氏が推薦!
神棚が呼び寄せる、すべてがうまくいく”習慣”とは?


→詳細はこちらより

玉串、神事用お榊、地鎮祭セットサポート

このページの上部へ