タイトル

 

amazonページ

著者プロフィール
  窪寺伸浩

神棚マイスター 窪寺伸浩

クボデラ有限会社 マルトミホーム株式会社 代表取締役社長。
神棚の販売を通じて、どこの家でも見られなくなってきた神棚の大切さと、その存在意義を普及する 活動を行うほか、さまざまな企業の朝礼で神棚の祀り方などをアドバイスしている。 クボデラ有限会社は「木を哲学する会社」と名乗り、国内外木材および木質建材の卸売り、社寺用材の納入、 神棚セットの販売などを行っている。東京都神社庁御用達。

 


インタビュー

小山昇氏より、絶賛推薦の声をいただきました。

我が社も神棚を祀ることによって、交通事故も減り、社員の潜在能力を引き出されたような気がします。

 



本の内容

第一章:なぜ儲かる会社には神棚があるのか

「神棚のある会社はポイントが高い」・・ある銀行員の話
「形より入る」ことで、意識が高く保たれる
有名経営者に、信仰の篤い人は多い

 

第二章:神棚で、会社が変わる、社員が変わる

神棚は社内のパワースポット
なぜ会社には「神棚」なのか?
神様とは何か
「神様が見ている」・・社長の、社員の規律を保つ力
「ありがとうございます」・・引き出される感謝の心
「神棚の周りはきれいに」・・自然と整理整頓される
「社員や会社が変わった」・・神棚を取り付けた経営者の声

 

 

第三章:会社に神棚をどう取り付けるか

「神道」は「宗教」を超えた「心の生活習慣」
神棚の祭り方のルール
「触らぬ神に祟りなし」と、よくない神棚の置き方
用途、会社の大きさで、適切な神棚を選ぼう
神棚に必要なもの
祀り方の決まり
祀る手順、時間
「願う」と「祈る」の違いとは
「祀る」行為のなかに神様があらわれる
すべてに感謝に心を持つ

 

第四章:木でつくられた本物の神棚を

神棚が「木」でできていることの意味
なぜ神棚に使われている木はヒノキが良いのか
神棚はなぜ消えつつあるのか。そしてどこにあるのか?
日本人の精神性を取り戻そう

 

amazonページ





インタビュー

みなさまに感謝といのりを込めて。

今後もクボデラをよろしくお願いいたします。