神棚マイスタ-の開運神棚講座 その156

実は、私、神棚マイスターこと窪寺伸浩は、神棚の本を再度世に問おうと思っています。書名は未定、多分「神棚のススメ」で副題は幸福な人のため、とか成功する為の、とか入ると思いますが、「神棚のススメ」です。

当初「神棚道」とか「神棚力」とかいうタイトルも考えていたのですが、やはり今私が現在行っている事。そして、その結果世の中が良くなることを考えると、「「神棚のススメ」がいいですね。

神棚が家庭や会社の中心である。神というか宇宙というか、サムシンググレートが祀られている場所。まつられているというのは、神が、宇宙が、サムシンググレートであっても、まつる側、つまり私達も神であり、宇宙であり、サムシンググレートであると思うのです。しかし、それは、あくまでも「祭り」「祀り」の場に於いて実現されるのであって、主客一体、神人一如が達成されると思うのです。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その155

阿部國治著「新釈古事記伝」(致知出版社)という本をご存知だろうか。私自身なんとはなしに買ってみて読み始めたのだが、余りに自分の知っていた古事記の内容と異なるので、まさに自らウロコ。

新しい解釈の中で古事記に秘められた深い意味が判りました。
まさにこの解釈は阿部國治氏の霊覚によって得た解釈のように思われます。
第6集の40ページに、この様な一筋があります。
「天照大御神の<おひかり>の中で最も大切なものを《やさかのまがたまのいほつのみすなるのたま》と申し上げ、この別名を《みくらだなのかみ》と申し上げる(略)」とあります。
イザナギ大神からいただいた首飾りを棚に祀った。その首飾りが宝であると共に、それを載せる棚こそも共に、「ミクラタナノカミ」と言われるのは、祀られるものも、祀られる場も含めて、神なのである。差がないということなのです。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その154 大きな神棚をつくりたい

大きな神棚をつくりたい。6尺(1820mm)なんと小さい小さい。20尺だ。6000mmだ!6メートルだ。幅が尺5(450mm)の一枚板の無節だ。小さい小さい。 幅5尺(1500mm)の一枚板の無節だ!!

そんな神棚をつくりたい。いや神棚ではない、その板こそが、ご神木であるのだ。

木が神であり、神が木なのだ。 人間が神であるのではなく、神が人間なのではない、人は神かもしれない、神は人かもしれない、しかし、人間は人ではなく、人は人間ではない、木と人と神は一体である。 木と人との関係に生命があり、平等がある。人間と木の関係に経済があり、約束があり、契約があり、そこには真実はない。

経済的価値(人間が創った)の中には、真実はない、自然の中にこそ、真実がある。無限は自然の中にある。無限の中に自然になる。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================