神棚マイスタ-の開運神棚講座 その153 千年の、二千年の丸太

以前樹齢千年、いや二千年を超すような丸太を製材したことがあると書いたでしょうか?

「香」というタイトルのエッセー応募したものだろうか?ブログにはまだ書いていないのだろうか?

ラオスを原産地とする樹齢一千年とも二千年ともいわれる神木がある。

昨年台湾で、その丸太を買い求め、日本に輸入し製材した。その模様は、クボデラ有限会社のトップページにYoutobeアップしているので見ていただきたい。

話しが長くなった。その時の製材品を半年振りに見にいった。6メートルの長さ、幅が1M50センチもあり、大の男が二人楽々に座れるほどのの大きである。さて、この盤木をいくらで売ろうか?と名古屋から専門の業者に来て値ぶみしてもらった。しかし業者同士ではまともな価格が出る訳もなく、いっそのこと、つまらない値段で売りさばくのなら、どこその神社に寄付した方が良いように思うのだ。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その152 獅子頭

井波彫刻の続きです。彫刻館に行った際に、獅子頭に魅せられました。獅子はまさに、やぶにらみで、様々な魔の侵入をおさえます。

家庭の置き物で七寸(二十一センチ)という大きさのものが多くありました。

やはり彫り師の個性によって、その獅子の顔も多種多様ですね。私が気に入ったのは、荒井寿斎氏作の桐白木の七寸ものです。

他の作者のもの、荒井氏の他の作品、合計三点を見比べて、やはり最初の印象の獅子を選びました。

その後荒井氏の工房を訪ねると、びっくり。荒井氏が獅子そっくりの顔をしているからでした。毎日獅子を彫っているから獅子ににてくるのか、或いは、自分の顔を投影しているから、獅子が似てくるのか。

とにかく毎日向き合っているものに、自分はその姿も似合わせていくのですね。

神棚と、あなたの顔は似ていますか?



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その151 富山県井波の神棚

富山県に出張してきました。富山県の呉西地区の井波にいってきました。井波は彫刻間や社寺用の獅子頭や象鼻などの彫刻でも有名な処です。八千人しか人口がいないのに。彫り物師が二百人もいるという素晴しいところです。町のいたるところに彫り物師の工房があり、その中に、「神棚」と看板に記しているところがある。

「神棚」という言葉は東京の町中で見ることはなかなかむつかしい。しかし、井波では、自然と溶けこんでいる。どこのお宅にもりっぱな神棚が祀られている。私達の神棚と異なるのは、「持ちおくり」を棚の下につけるのではなく、棚の脇にはめこんで棚を吊るというものです、柱や幕板はないのですが、その井波彫刻の匠の枝による雲を思わせる「持ちおくり」は重硬感もあり、素晴しい出来になっています。

高級神棚としての風格をもつ神棚でした。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その150 スピ系の方々の為の神棚のすすめ

ヒーラーヤスピ系の指導者も方々も、神棚について、いろいろな意見を持っている方々がいいます。

神棚がなくてもいいと主張するのは、江原某氏。神は普遍的な存在だし、どこにでもいる。信仰は形式ではない。心だという考え方一応筋は通っているが、神棚マイスターの私としては、反対の論陣を張らなければなりますまい。

そんな中で「ひっそりとスピリチュアルしています」の人気ブログの筆者である桜井識子は、その著書「神社仏閣 パワースポットで神さまとコンタクトしてきました PART2」(ハート出版)で、神棚のことを、大量にページを割りてくれています。こういった方々が神棚の存在意義に興味をもってくれることは大変ありがたいことです。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================