神棚マイスタ-の開運神棚講座 その123 目に見えるものだけしか信じないなんて・・・・・

今回は少し違った視点から神棚を論じたい。 物理学者のフレッド・アラン・ウルフ博士は「ーつまりこういうことだ。宇宙を̪知覚する存在がなければ、宇宙は存在しない」といっている。これは宇宙を神という言葉に置き換えても同じだ。神があって、人がいるだけではなく、人があって、神がいるのだ。相即関係といっても良い。

神棚に何故手を合わすのか。目に見えない神の姿を、交流を通して表現することである。目に見えないものしか信じられない人々にとっては愚かな行為でも、目に見えないものの方がいかに多いことか?

私達が知覚している情報は、情報全体のわずか100万分の1パーセントの、半分にも満たないという。それなのに目に見えるものしか信じないとすれば、それは余程愚かながん固者にすぎない。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その122 新年になぜ神棚を新調するのでしょうか?

新年を前に神棚を新調するのは、お年神様に気持ち良くおすごしいいただく為です。

新年といっても、カレンダーの日めくりをめくっていくだけで来るのではありません。 日常の延長に、「ハレ」の日の元日があるのではなく、そこに神(お年神様)が現われてこそ、日が新たまり、年が新たまる訳です。

ところでみな様がお年神様で、各家や各会社に来たとしたら、神棚がなかったら、どうしますか?十四日間どこで過すでしょうか? いや、それ以前に、神棚がなっかたら、「なんだ!!ここにはわしの居る所がないではないか?それでは帰ろう」ということになるではないでしょうか。お年神様の霊(タマでありエネルギー)をいただく機会をみるみるなくしてしまうのではないでしょうか?神棚が必要なのは、お年神様にいていただく為もありますよね。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その121 「お客様は神様です・・・・」

「お客様は神様だ」といって、あっ、南春夫の言葉でしょ、と即答できる人は、とても年配な方でしょうか。お客様は神様です、という言葉は、お客様第一主義とか、CSなどという言葉が出てくる前から存在するような気がします。日本人が根源的に知っていた素晴らしい言葉の様に思われるのです。

神様は無言です。もちろんどんなにたらないサービスに対しても、文句はいわない。

私は経営の学びの中から、「無言のクレーム」を怖れることを学んだ。 無言のクレームを心せよ、だ。神は神棚が汚くても、3日も4日もお供えの水が代えられないとしても、神は怒らない。しかし、人なら怒る。怒らない神に対しても、怒るお客様のように接することができれば、素晴らしいですね。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その120 神は外にいるか?内にいるか?

神様は黙している、といっても、神が無反態な存在である、といっているのではない。

神は私達のような日本語や英語やアラビア語のような言語を使って、私達に話しかけることはないという意味だ。神は様々なメッセージを私達に送っている。神は無限の存在である。ただ私達が、その無限のメッセージを受けとれるか否かなのだ。

有限なる人間が、無限なる神の意志を知ることができるのか?私達人間が神の一部であるのならば、神の意志を知ることができる。

私達は神の一部か、神の別物なのか、そこで神の力を得れるか、得られないか違ってくるのだ。神棚は、たしかに外にある。しかし、これは象徴儀礼である。日本人の自己認識は、おもしろい。 家も会社も学校も自分が属していれば、ウチという。所有ではなく、自分のことだ。ウチに神棚がある。ウチに神様がいるということだ。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その119 東京駅にも神棚がある

神棚祀った位で、会社の業績が上がるなんて、といわれる方も多いだろうか?もちろん神棚があれば、神棚を拝んでいれば、会社の業績が上がると考えるのは、単なる迷信といっていいかもしれない。しかし神棚を祀ることを怠っている会社に、業績が良い会社はない。

東京駅開業100年記念で、様々な特集番組がくまれている。 その中で東京駅の指令部という事務室にも神棚があることが判った。東京駅の駅長が個人的に神道を信じているのではない。 駅職員500人と東京駅に乗り降りする何百万人の人々の生命の安全を考えた時に、自力で何とかするのではなく、神にも祈りたい気持ちになるのだろう。 それが普通の人間の心である。畏れを知る、謙虚な人間の心である。まさに、神棚は感謝の場であり、祈りの場なのである。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その118 カミの語源を再び考えると・・・・・。

神という言葉は、いろいろな解釈ができる。たとえば一つには幽身。カミは「かくれてみえない」存在を略しているといえます。

カミを見せてみろ。カミを目の前に出せ、という人がいます。神はその名の通り「かくれてみえない」のですから、そのような要求は乱暴ですよね。しかし、みえないから無いという考えるのは単純ですよね。見えないから見えるようにする。見えないから、表現する。そこに人間の努力もあるのでしょう。

神は見たり、触ったり、聞いたり、なめたりといった五感の世界にはいないのですねえ。しかし、その五感を超えたところに、神の存在があるのですね。神社や神棚といった存在も、神そのものではなく、見えない神を表れ、そうとする人間の智恵だ、と思います、神棚はそんな中から生まれてきたのです。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その117 銭形平次の神棚は・・・・・・。

銭形平次といってピンと来る人。もう少なくなりましたよね。岡っ引きで、明神下を縄張りにしていて、大川橋蔵の代表作で・・・・と言って、ピンと来る人の方が少ない。ルパン三世の銭形警部の方がピンと来るのでしょうか。

私の子供の頃の記憶では、平次親分は自宅の火鉢できせるをくゆらせていたが、神棚を背にしていたような気がしている。しかもそれはお稲荷さんのような気がするのだ。恋女房が平次の出かける際に、火打ち石をきって、安全を祈願していた。

お稲荷さんの瀬戸物があったように記憶するのだ。なぜ平次が家に神田明神を祀らなかったのか?毎日歩いてお参りにいける距離にいたからだろうか。そして自宅お祀りする神様は、その人に合った神様だったのだろうか。武士は武神。庶民はお稲荷さんのような神様を、各々、祀っていたのかも知れない。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その116 神田明神で考えたこと

先日神田神社の大鳥居宮司と季刊誌「和合」の対談をさせていただきました。神社プラスワンの会場として使わせていただいているのですが、お参りさせていただく度に、神田神社さんが持つ独特の、他の神社にない、あたたか味の有る雰囲気に触れて、いやされます。

この雰囲気とは何なのでしょうか?それはまさにご祭神である神田明神(平将門公)のご神徳であり、又、明神さんと親しみしたい続けてきた庶民の思いが、まろやかに合致しているのでしょうか。

平将門公は、一昔前は逆賊の代名詞であり、今は将門塚に代表される怨霊のパワースポットとして有名でしょうか。しかし、一度神田明神の境内に入れば、なんの格式ばったところもない。将門公の坂東武者の広さと、江戸庶民の心根の優しが伝わります。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その115 限界集落と神仏

限界集落といっても、地図の中から、その町や村が突然消えるのではない。家々や社や寺や、それら全て残るのだが、住む人がいなくなるのである。いわば人気のないゴーストタウンのようになるのである。

神社や寺はどうなるのだろうか?人がいなければ、そこに神や仏のような目に見えない存在は、もう目に見えない存在のままになっていくのだろうか。社やお堂は、つたやつるまかれ、雨露によって、自然に朽ち果てていくのだろう。神や仏として人間に認識され、神名と仏名を得た存在は、また大いなる宇宙と同化する。宇宙と同化するのは良いが、それ迄、人間の側から築いてきた信仰の歴史は断絶してしまうのである。この歴史は人間の側の神や仏の交流史である。限界集落によって失うものは、大きい。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その114 床の間はどこへ行ったのか?

床の間も現代住宅から姿を満した。当然床の間もだ。だいたい現代住宅には和室がない。和室とは、「和」という約束事でつくられた空間である。単なる畳部屋ではなく。現代住宅には、その畳部屋すらなくなっている。

床の間はなんの為にあるのか?お神名のある御軸を祀る神床であり、正月が御歳神が宿り、お休みになる祭壇である。

又、様々な四季を表わす軸を飾る空間である。とにもかくにも、床の間は聖なる空間、つまり普通ではない空間なのである。

神棚も仏壇も、床の間も、眼に見えないものを表わす場所がなくなっていく。

日本人の心の中に、神や仏を求める心。 日本人の住まいの中にも、神棚、仏壇、床の間が必要。それをもう一度取り戻そうではないか。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================