神棚マイスタ-の開運神棚講座 その89 神棚をどこで買うのですか?

これは産経新聞の名物コラム「古典個展」の中で、加地伸行教授の話し。お孫さんが加地先生のお宅に泊まりに来て、神棚を祀る姿を見て、「ボクのウチには神様がいないよ」というので、おじいちゃんである加地先生は孫の為に、神棚を求めて町に出た。

仏具屋に行くと、けげんな顔をされ、百貨店(つまりデパート)にもないが、親切にもホームセンターに有る旨を教えてくれた。そして、神棚がホームセンターに在るということに、大変な違和感を感じつつも、買われたのだ。ホームセンターにしか売っていないという現実に、日本人の精神性が低く貧しくなっていることを指摘されている。

そして、たとえば靖国神社問題を語る保守系の人々の家庭にも、どれ程神棚があるのかと疑問を投げかけているのだ。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その88 神棚をホームセンターで買うなんて・・・・。

ある運送会社の社長さんがこんなことをいっていました。神札をもらいに、神社にお詣りにいって、神棚をもとめようとすると、神主さんから、「ああ、ホームセンターで求めて下さい」といわれたそうです。

その社長さんは、ご神札を神社からいただきそれを祀る神棚(多分お宮を含む)をホームセンターに買いに行くなんて、という気持ちで、納得していないようでした。

神棚は、ご神木でつくられていたり、古い神社を解体したりしたものからつくられていると考えていたようです。

神具屋が町から姿を消し、材木屋で神棚を在庫しなくなった現実の中で、どこで人々は神棚を求めたら良いのでしょう。だが、たからといって、神主さんがホームセンターに行け、というのは余りに短絡的過ぎないでしょうか?



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その87 火防の神様のお神札は・・・・。

火の力の暴走(?)をとめる。それをとめるのが、火の神であり、又、火防(ひぶせ)の神である訳です。よく「秋葉大推理」とかの神様のお神札を台所に貼っているのを見受けることがあります。

火は利益も不利益も与えます、人類が発明した最大のものが、火であったとでしょう。それは我々日本人の神話ばかりではありません。ギリシヤ神話でも、人間と火の関係を深い深いしさに富んだ話しがあります。

現在の私達、人類にとっての火とはなんでしょうか?お湯をわかす火ではありませんね。七輪の炭火でまありませんね。

私達にとっての現代の火は、原子力の火かもしれません、この火をいかに使うか。私達の新になる文明を築けるか否かの、分岐点かもしれません。現代の火防の神はどなた様でしょうか?



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その86 火の神誕生のお話し

神棚に火を灯もう。その灯を点ずる人も「霊止」である、ヒの宿っている存在。ヒとは生命、エネルギーである。

しかし、火は大変重要なのであるが、火は方向性を間違れば、使い方を間違えれば、大変なことになる。「古事記」の中で、火の神、カグツチは、イザナミ命の産んだ神様となっています。当然母神の女陰から、カグツチも産まれ出てきたのです。その時イザナミの女陰はやけどをしてしまい、結果、死に至ります。火の神は、その母神をも死なせる程の危険もあるのです。

火は暖をとり、調理をし、風呂をわかすのにも役立ちます。しかし間違えれば火事になってしまいます。台所の竈神、三宝荒神を祀る神棚は、火を鎮める神棚ともいえます。しかし、その神様が祀られていないのです。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その85 神は「火水」であり、人は「霊止」です

このように言葉には魂があり、生命があるのです。ですからそれを大切にしなければなりません。カミという言葉の根源もいろいろあるといわれますが、その一つに「火」と「水」というものがあります。「ヒ」と「ミズ」ではありません。「カミ」と読むのです。

ヒトはどうでしょうか?「霊止」と書くというのです。「レイシ」と読むのではなく、「霊が止まるところ」。それがヒトよいうのである。何度もいいますが、火とは陽性。生命の顕現を象徴するものです。それを同じ読み方であるヒ、つまり霊と読むことができます。人が何故ヒト、霊止なのか?霊がとどまっていないならば、人間は単なる肉体、数十兆の細胞の集合体であったとしても、それは生命体ではない、死体という肉体であって人間ではないのです。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その84 言霊とは・・・・。

日本は言霊の国といわれます。言葉には霊が、魂が宿っているという意味です。言葉に霊があり、魂があるということはどういうことでしょうか?それは言葉がいきているということです。いきているということは主体的に、つまり言葉が言葉として、自から影響を与えることができるということです。普通言葉は、そのことばを発する人の意志を伝える媒体と考えられますが、言葉とは言葉そのものにかがわって、言葉そのものが発する人の意図を離れて、一人歩きするということなのです。日本語は「忌み語」(縁起の悪い言葉です。)それを使わないで、良い言葉にしていくことです。例えば果実の梨(なし)は「無し」に通ずるから「有りの実」(ありのみ)と言う。或いは「しまい」とか「終わり」は結びとかいう言葉はいいかえることです。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その83 外食は害食でしょうか

「火の気のない家ではなく「火の気のある家」を!それは台所で家事が行われ、家で食事をすることが大切ですね。神棚に火を、台所に火を、それは神棚に、台所に、つまり食に火=霊(ヒ)、つまり生命を吹き込むことです。

外食は、いまや害食になりつつあります。家庭経済を圧迫し、家族のコミニューケーションを疎外し、そして最も悪いことに、身体を、生命を弱める為の外食ならぬ害食になっていることです。

動物性たん白質を主体に、揚げ物、油たっぷりの、高カロリー食事です。口においしいが、内臓にやさしくない(?)食事をしている場合が多いと思います。又遺伝子組みかえ食品をわざわざ使っていないという程、いまその程の食材が出回っています。外食にどれだけのポリシーを求められることができるでしょうか。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その82 竈神の神棚はどこへ行った・・・・!?

神棚はわが家の、わが社の精神的中心であります。そこに火を灯明として点ずることはその神棚に生命を与えることになります。

又、家庭のもう一つの中心は、食を司る台所といえましょう。台所は調理に際し、火を使います。その台所を守る神棚が、竈神や三宝荒神を祀る神棚といえます。しかしこの神様。最近は祀られなくなっていると思います。今は台所(キッチンといった方が良いでしょうか)の壁にペタリと貼られている姿をよく見受けられます。たしかにモダンなキッチンに竈神を祀る神棚などは、どうもセンスが合わないといわれるかもしれませんよね。

しかし台所という家族の生命を、食を通して守り、生長発展させる場に、その象徴としての火を霊(ヒ)を守る神棚が無いとすれば家庭の平安はどこに行ったでしょうか、といえるでしょうか?



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その81 火の気の無い家とは・・・・。

神棚のろうそくに火を点ずるものは、神棚にヒ、つまり霊を点ずる者である。つまり仏つくって魂いれずという言葉があるが、火を点ずることによって霊を入れることができるのである。

台所に火の神、食の神である竈神、三宝荒神をお祀りしないということは、台所に火がなく、霊がないという事である。

よく「火の気の無い家」という言葉を聞く。それは、食事をつくったり、暖をとったりしていない家という意味であろう。火の気がない、という事は、人気がないということである。外で食事ばかりしていれば、外食好きになる、家で料理をつくるのて、外食するのでは、財布の中身に影響してくる。又外食は高カロリー食主体で、健康に良いとはいえない。外食はまさに、外食である。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その80 台所の中に火を使いましょう

その家庭が幸福であるか否かは、その家に火があるかどうかに由るといわれています。

何故火のない家庭が不幸のはしまりなのでしょうか?火がない家庭とは、家で料理をつくらない家庭ということです。いつも外食をしている家庭です。みんなで外食をするのなら、まだ良いのですが、別々に一人一人、バラバラに食事をしていたら、どうでしょう。家族のコミニュケーションもなければ、団らんもありませんね。

どんな豪華なシステムキッチンがあっても、火がない台所は寒々しい所ですね。火は我々の人類の祖先達が発見した時、寒さから身を守る為に火を囲んで家族が身を寄せあったでしょう。そしてその火でお湯をわかしたり、魚や肉を焼いて食べたかもしれません。

火は家族の身も心も暖めてくれるのです。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================