神棚マイスタ-の開運神棚講座 その61 塩の話し

次に塩について考えてみましょう。どんな食材に対しても、「最も大しい味つけのできるのも、又、最も不味く味つけできるのも、塩であるといわれています。」しかし、塩は単なる調味料ではなく、人間の生存にかかわる存在です。塩が足りなければ、人間につかれを感んじ、生気を維持することができません。又、塩が多過ぎれば、様々な病を起こします。

そして何よりも塩の役割として、重要なことは、「清め」の役割ではないでしょうか。

大相撲で力士達が、土俵に塩をまくのは、土俵(大地を象徴する)を清め、力士達の力によって、そこにいる悪齢などの禍事、禍ものを鎮める意味がある、という古い神事を受け継いでいるといえましょう。

塩には清めの意味があるのです。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚をお祀りする場所はどこが良いですか?

噛み団をお祀りする吉方位はあります。神棚を祭ることを考慮されずに建てられた現代住宅やマンション等では、そもそも祀ることは不可能です。

方位や一通りのあるところの下に置かないと言われますが、「天」とか「雲」とかの髪を天井に貼るなど、いろいろな工夫があればいいと思います。

神棚についている雲板はまさに雲型、雲を意味します。

神棚を格式をもってお祀りすることは大切です。しかし、それよりも先ずお祀りすることが大切なのです。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚はどこで購入するのか?

神社で御神札をいただいた後、神棚はどこで購入したらいいですか?とお聞きすると、神社様によってはホームセンターで購入してください。と言われる方もいるようです。
神棚はホームセンターでしか売っていない現状は淋しいで限りです。お宮が販売されているだけで、本格的な神棚板は販売されていない場合はほとんどです。

専門店(神仏具店)や意外かもしれませんが木材屋さんも神棚セット(棚板)を在庫で持っている場合が多いです。しっかりした信条、ポリシーを持っているネット店も大きな選択の一つになります。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚をお祀りするということは、どんなことですか?

神棚は家庭や会社の小さな神社です。神社に神主さんがいるように、家庭や会社でもお祀りすることが大切です。
日々の水や米、塩の取り換え、お榊をいつも青々しくしておくこと。これも素晴らしい日々のお祀りです。

特別なこと。1日たりとも怠ってはいけないということで、自分を縛るのではなく、三日坊主でもいいから、神様に向かうこと、感謝といのりをする場に神棚を作ること。

そしてその感謝といのりの場にふさわしい清潔な空間をつくること。それが大切なのです。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚とはなんですか?

神棚=棚板+お宮(+供物など)+御神札。
分解して説明しますと、もっとも大切なのは言わずと知れた「御神札」です。神様の御魂ですね。お宮とはミニ神社。神様の住まいですね。

棚板はこれを載せる台程度に考える方もいます。しかし、実にこの神棚こそ樹齢数百年、数千年の枝を使っていれば、これこそが神社に於ける鎮守の森、或いは聖なる木の意味となります。

御神札を直にロッカーの上に置いてたり、お宮を棚板無しに祀るのも不敬です。

神棚は「感謝と祈りの場」です。それなりの型と格式が必要です。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その56 無限億円+1650円の杉の柱

私達の経済社会の視点からすると、樹齢40年の3メ-トルの16.5センチ角の杉の柱は、たった1650円の価値しかない。千円札2枚で「つり銭はいらないよ」といえば誰でも買えるのである。

しかし二千円で、杉の柱をつくることはできない。当然のことだ。太陽、地下水、雨水、空気、土地の養分等々、これらの自然の恵み、神様の恵み、愛を二千円で買うことはできない。価格などつけようもないのです。神様の深い愛に結晶は、まさに無限億円の価値です。

しかし残念ながら、一本の杉柱を、物としか見ることができない為、1650円でも高いといっているのです。もっと深い価値、無限億円が隠されていることに見向きもしないで・・・・・。木で神棚が出来ているということは、このような無限億円の価値をも内在していることを教えてくれるのです。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その60 豊受大神様のこと。

昨年の遷宮で、多くの人が伊勢神宮に参拝されました。伊勢神宮といってもそれは内宮、天照大神と外宮、豊受大神が祀られているのです。

豊受大神は、食物の神様。天照大神が「さびしいので、食事も安らかにとれないから、豊受大神を御饌の神として呼んで欲しい」という意味のことを雄略天皇の夢の中で告げたのが、伊勢神宮に祀られる由来となった。

神様も食事する。これは素晴しい事実である。宇宙の最高神とも太陽神ともいわれる天照大神も、食事をする。その食事をする神様が、豊受大神。

神様も食事する。人間も食事する。そして食事は人間に、神様に生命力を与える大切な儀式である。米は、その食を代表するものだ。米は一粒万倍の生命のもとなのです。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その59  お米は大切なものです・・・・・。

米は神様からの贈り物。それ故に神棚という神様の世界に、再び捧げる。そして、そのお供物を、私達が「お下り」としてそれをいただく。米は神と人の世界を交流し、生かし合うものなのだ。

昔から米を残すと、眼がつぶれるなどといわれた。米ができる迄に、お百姓さんは、八十八回の手間をかけるという。故に米という字を分解してみると、八、十、八。

お米を大切にしない人を「穀つぶし」という。お米が尊いのは、まさに一粒万倍。一粒の米から、稲穂が生じ、その稲穂にはどれほどのお米があるのか。それが一年、一年と経ってしまえば、まさに数年の内に何万倍にもなる。この生命力の強さ。そして主食という言葉がある通り、米は人々の生命を維持する故に、大切なもの、尊いものなのです。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その58 お米の話し

神棚に供えられているもの。米、塩、水について考えてみましょう。

先ずは「お米」から。米は単なる食物、食糧の一つではなく、独特な地位に在る。

近代以前は、米は貨幣に優先して、経済流通の要であった。大名、武士達の収入は石高といって、どれだけの米の収獲があったかを示すのです。米の量の多寡が経済力、富の力を決めていくのだ。

では何故米にそんな力があるのか。「日本書記」には、天照大神がニニギノミコトに「吾が高天原に所御す斎庭の穂を以て、亦吾が児に御せまつるべし」とある。つまり、高天原の神々へ捧げる為の神聖な稲穂を作る田んぼで出来た穂を与えるので、これを地上で育てて主食とさせ国民を養さない」という意味である。お米は天照大神からの贈り物なのです。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


神棚マイスタ-の開運神棚講座 その55 木の価値は、神の愛。

杉の柱、立方単価5万円というのは、1丁単価にすると、わずか1650円程度です。

この1650円の中に、杉が立木として山にあって、それを伐採し、製材し、流通の諸段階を経て、建築現場につく迄の価格です。

どうやって、1650円で、40年間の経費をまかなえるのでしょうか。

否、この1650円では絶対払えないものがあります。杉の柱を他の農作物のように、ビニ-ル栽培したとしたらどうでしょうか?

40年間の太陽光を電気代に換算したら?40年間の地下水、雨水を水道代に換算したら?40年間の土地代、地面から受ける様々な養分を肥料代として計算したら・・・・・。1650円なんか払える訳がありません。神の愛は無限の愛です。お金で換算することはできません。

これ程の存在は無限億円あるといっても差しつかえありません。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================