神棚マイスタ-の開運神棚講座 その53 原初的な日本人の信仰在り方

神棚などの無い処では、常緑樹の大枝を建てて、それを依り代として、「ヒモロギ」と呼ぶそのヒモロギに神霊を呼び寄せ、祭りがはじまる。様々な供物と共に玉串をささげる。ここでも榊がつかわれている。

神様を呼ぶ、神様が住む場所も木。祈りを捧げ、神この意志の交流道具としても木に使う。なんと原始的な、素朴で、自然と調和した信仰の在り方、生き方であろうか。

神を観念で考えるのではなく、木の中に神を見い出す。木の中から、神を祈り出す。なんと日本人というの原初的な力をもつ民族であろうか。しかし今見てはプラスチックのお榊などを使う神職もいるとか・・・・・。

榊の持つ、木の持つ生命の力こそが、神とつながるのである。プラスチックの榊には、神は宿るないのである。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)