神棚マイスタ-の開運神棚講座 その35 再び祟りについて

祟りは、祟る神々や神霊に問題があるのではなく、祟られる側んの人間に問題があるのです。神様や神霊という存在は眼に見えません。この眼に見えない存在と交流することが、一般的に「信仰」といわれます。

ご利益をいただく為に信仰するにが、ご利益信仰。しかし、ご利益が無いからといって「この神様。ご利益ないな。効き目がないな」といって敬せず、信仰をやめてしまう。そして期待通り、マイナスのご利益、病気、貧困、等様々な災いが現れてくることがあります。これを祟りていうのです。見えないものが出て示すというのであれば、ご利益も祟りもユインの裏表はあるものの、同一の存在といえます。マイナスと考えるのは、受けてある側の人間の考え方であって、ほんとうは大きな呼びかけがあるのかもしれません。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)