神棚マイスタ-の開運神棚講座 その131 損と得について (中)

損するという認識すら、愚者は持ち得ないのです。才気と口を以って「貝」(つまり財産)を得ようとする行為が、損なのです。逆に言えば、才気と口(口舌の意味、実行が伴わない口先といっても良いかもしれない)で、財が成せるという考え方が、損のはしまるなのです。

では一方得とは何でしょうか?これも字を分解して考えてみましょう、扁は「彳」、行人扁です。つまり行動する行う、という意味です。つくりの「得」は、「日」と「一寸」にさらに分解できます、「日」に「一寸」。「日のちょっと」と読めます。或いは「ちょっとの日」つまり「少しの時間」という意味です。少しの時間でも、行ずるもの、行ずること」。

これが、得に通ずることなのです。何か大それた行為ではなく、ちょっとした、スキ間時間の行為が、得に通ずるのです。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================