神棚マイスタ-の開運神棚講座 その125 お年玉とは・・・・・

なぜ新年にお年玉をもらうのでしょうか?というよりも、新年はなぜ目出たいのか? 新年は、御年大神様という神様が、大みそかから十四日のどんと焼きの日迄、各家の神棚におこもりされるから、おめでたいのです。

神様が吾が家に来てくれる。なんとありがたいことでしょう。かど松をたてるのも、神様が、来ていただけるように、という目印です。お年玉は、今では親や大人から、子供がもらう正月のおこづかい程度の認識でしょうが、一昔前は、おもちだったそうです。おもちは、お米から生じた「ハレ」の食物。米も古来からの日本人にとっては、単なる食べ物ではなく、物を超えた、神様の恵みです。

米や金も、万能な力を持つ神様の玉を象徴するのです。玉とは本来霊(タマ)を言うのです。お年玉は、年神さまの分霊なのです。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================