神棚マイスタ-の開運神棚講座 その102 お神札はどれだけお祀りして良いですか?

三社のお宮では祀りきれない程のお神札を祀る人がいる。出張先で、旅行先で、ちょっと立ち寄った神社にも、これもなにかのご縁だからといって、お神札をいただき、自宅に祀る人がいる。しかし、その神社には二度とお祀りもしない場合もある。いや、その方が多いのかも知れない。

とにかく有名神社で祈祷の木札をいただくケースも多い。しかし、それが最初で最後で、いつ迄も古い木札が無雑作に立ち並んでいる。

お神札は、本来一年間だけの神様のお力に宿る場であって、新しい年には新しいお神札をいただかなくてはならない。新しいお神札をもらいに行けないのならば、お祀りするのは、差し控えた方が良いでしょう。いろいろなご利益が欲しい。パワースポット巡りのお神社コレクターは危険です。



=================


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

神棚、その他のお問合せ・リンク先は以下となります。

クボデラ有限会社 神棚サイト

神棚・神棚セットの専門販売サイト「神棚本舗」

国産天然榊・お榊の販売サイト

造作材・注文材・無垢材の専門販売サイト

その他のお問合せはこちらからお願いいたします。

=================


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)